ケナーチョ (C管/リグナムバイタ) / アントニオ・ママニ [ボリビア製]

INS-QEN-ATM-C-004

16,000円(内税)

ラテン語で生命の木を意味し、地球上で最も重く硬い木材であるリグナムバイタ製ケナーチョ(C管)です。比較的かぶれにくい材質であることから、木製ケーナの中でも黒檀と並んで根強い人気がありますが、近年は乱伐のために希少化し、入手も次第に難しくなりつつあります。高硬度、高密度な材質ならではのソリッドかつクリアなサウンドで、レスポンスの良さも抜群。ボリビアスタイルのダイナミックなケーナ演奏を目指す方には必携ともいえる一本です。ボリビアはラパスの管楽器製作家、アントニオ・ママニの製作です。

■商品仕様
全長:約570mm
外径:約33mm
内径:約24mm
指穴:約13mm(最大)
ピッチ:A=440HZ(気温、吹き方他の諸条件により変動するため、目安とお考え下さい。)
キー:C(指穴を全て塞いだ音(最低音)がドの音)
素材:リグナムバイタ(現地名ワヤカン)
製作者銘入り
※掲載写真と同一の商品をお届けします。
※かぶれやすい体質の方は医療機関等に相談の上でご使用下さい。