アンタラ(中/ペンタトニック/13管)パンフルート / アグスティン・ママニ [ボリビア製]

INS-ZMP-AGM-ANT-008

4,000円(内税)

古くから伝統楽器の製作で知られるアイマラ族の村、ワラタ・グランデ出身のベテラン楽器職人、アグスティン・ママニ作のアンタラ(ペンタトニック/13管)です。サンポーニャが2列ないし3列の複数列であるのに対し、アンデスのパンフルートとも言われるアンタラは単列のため、サンポーニャに比べると演奏の難易度は低く、音の並びさえ覚えれば、比較的習得の容易な楽器といえます。ラドレミソのAマイナーペンタトニックスケール(五音音階)のため、ギターなどでの伴奏もしやすく、アンデス音楽はもちろん、日本やその他の国の民謡などの演奏にもオススメです。

■商品仕様
全長:約255mm
横幅:約190mm
管数:12
キー : C/Am
最低音:E
ピッチ:A=440HZ
素材:葦(ボリビア・アルトベニ産)
製作者銘入り
※天然素材のため、斑紋や擦れ等があります。
※全ての管が鳴ることを確認済みです。
※外気温や吹き方他の諸条件によりピッチが変動します。
※掲載写真と同一の商品をお届けします。