ハッチャ・ケーナ(G管/リグナムバイタ) / フリオ・ママニ・ワンカ [ボリビア製]

INS-QEN-JMH-037

25,000円(内税)

先住民アイマラ族の伝統楽器製作のメッカとして知られる、ワラタ・グランデ村出身のベテラン管楽器職人、フリオ・ママニ・ワンカ作のリグナムバイタ製ハッチャ・ケーナ(G管)です。「ハッチャ」とは、アイマラ語で「大きな」を意味し、標準的なG管ケーナよりもオクターブ低く、音階は下から「G A B C D E F# G」となります。別名「ママ・ケーナ」とも呼ばれます。右利きの人が運指しやすいよう指穴の位置を調節しているため、左利きの人には適しません。また、指穴と指穴の間隔が広いため、ケナーチョが自在に演奏できる程度の指の長さが最低限必要です。リグナムバイタは、ラテン語で生命の木を意味する重硬で耐久性に優れた高級木材。ハカランダやビオレッタと比べてかぶれにくい材質ということもあり、木製ケーナの中では黒檀と並んで高い人気を誇りますが、近年は乱伐のため希少なものになりつつあります。地の底から響く咆哮の如き圧倒的低音が魅力の楽器です。指使いは一般的なボリビア式となります。

■商品仕様
全長:約750mm
外径:約46mm
内径:約26mm
指穴:約14mm(最大)
ピッチ:A=440HZ
キー:G(指穴を全て塞いだ音(最低音)がソの音)
素材:リグナムバイタ(ボリビア産)
製作者銘入り
※天然素材のため、微細な擦れ等があります。
※外気温や吹き方他の諸条件によりピッチが変動します。
※かぶれやすい体質の方は医療機関等に相談の上でご使用下さい。
※掲載写真と同一の商品をお届けします。